カニ購入ガイド|あのタラバガニと張りえるほどのボリューム・満足感、タラ…

あのタラバガニと張りえるほどのボリューム・満足感、タラバガニとは違うねっとり濃厚な味わいにこだわる方には何よりも絶賛していただけるのが、根室半島、別名花咲半島で漁獲される希少な花咲ガニです。
毛ガニなら北海道以外考えられません。原産地・直送のおいしい毛ガニを、通信販売で注文して食するのが、いつもこの季節の一番の楽しみという意見の人も多いことと想定されます。
ここ数年の間、カニに目がない人の間で「花咲ガニ」という蟹が傾注されています。花咲ガニのおよそ80%を水揚する北海道の根室まで出向いて、うまい花咲ガニを味わっちゃおうというツアーの募集もあるほどです。
ネットショップなどの通信販売でも人気を分けている旬のズワイガニとタラバガニ。どちらもいいから決めかねちゃう。そういう人には、セットで売られている特売品はいかが。
この花咲ガニの他と違う点は、根室半島、つまり花咲半島で大量に生えているなんと昆布が大きな原因です。昆布を食べて大きくなったスペシャルな花咲ガニは、言葉にできないほどの風味をその身に備えているわけです。

花咲ガニの特徴は、外殻にがっちりとたくさんとんがったトゲがあり、明らかに短く太めの脚なのだが、冷たい太平洋でもまれてきたカニの身はプリプリで、なんともジューシーです。
茹で上げをかぶりついても旨味のある花咲ガニについては、適当な大きさに切り分けて味噌汁にするのもまた格別です。北海道の人たちの間では、こういう味噌汁のことを「鉄砲汁」というらしいです。
食卓に出されるタラバガニの大抵はロシア原産なので、大概ベーリング海などに棲息していて、北海道の稚内港へ入港してから、その地をスタートとして色々な所へ搬送されて行くのだ。
細かくしておいたタラバガニ身は、そんなに濃い味とは感じる事が出来ませんが、かに料理以外の食材に使っても料理の味を引き立たせます。ハサミそのものは、揚げ物として提供できた場合、小さなお子さんも子供であっても大量に口に運ぶでしょう。
「日本海産は贅沢品」、「日本海産はダシが出る」という感覚を持ってしまいますが、観光地で恵まれているカナダの沿岸部、カニがたくさんとれるオホーツク海、太平洋で最も北にある緑海のベーリング海も、ズワイガニからみた場合「増殖しやすい区域」となっているのだ。

丸ごと浜茹での花咲ガニが届いたあと、食べる準備をしているとき指や手を切って怪我をしてしまうこともありえるので、手袋・軍手などをはめたほうが安全性は高いです。
風貌はタラバガニとあまり違いのない花咲ガニは、いくらかちっちゃく、カニ肉としては何ともいえない満足感に浸れます。その卵子ははまるほど格段の味です。
北海道では資源保護を目標にして、地域で毛ガニの漁獲期間を定めているから、通年で水揚げ海域を順に変更しながら、そのコクのあるカニを頂く事が実現できます。
今までなかったとしても旬の花咲ガニの味を覚えたら、蟹の中でも最高の濃く深いその味にはまるのは間違いないでしょう。旬の楽しみがひとつ追加されるのですよ。
漁場が有名な瀬戸内海で人気のあるカニと言えば、小魚などを食べるワタリガニのことで、足の先がひれ状の形態となっているだけでなく、海を横断するということでこのネームが付けられています。甲羅の全幅が13センチより大きい物でないと捕まえることが出来ないことになっています。

Related Post